主な活動

2021年度の主な活動

■第1回幹事会
日時:2021年5月7日(金)11:00~12:15 場所:オンラインにて

■総会
日時:2021年5月7日(金)13:00~13:35 場所:オンラインにて

■第1回研究会
日時:2021年5月7日(金)14:00~17:45 場所:オンラインにて
講演:
1. 「 持続可能な社会の実現 」
九州大学工学部教授 馬奈木俊介
2. 「 企業の温暖化適応策検討支援を目的とした公開型世界水リスク評価ツールの開発 」
国立環境研究所気候変動適応センター気候変動影響評価研究室 花崎直太
3. 「都市機構や消費者行動へのLCAの応用による温暖化適応策やCOVID-19の分析」
東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻 井原智彦

■第2回研究会
日時:2021年6月10日(木) 13:00~17:15 場所:オンラインにて
講演:
1.「水素エネルギー技術に関する動向と産総研における取り組み」
産業技術総合研究所 水素製造・貯蔵基盤研究チームチーム長 高木英行
2.「カーボンニュートラルに向けた国際標準及びガイドラインの方向性」
産業技術総合研究所 環境・社会評価研究チーム チーム長 森本慎一郎
3.「カーボンニュートラルに向けた評論動向とシナリオ活用」
産業技術総合研究所 環境・社会評価研究チーム 主任研究員 小澤暁人

■夏季セミナー
日時:2021年7月8日(木)~10日(土)
場所:伊豆今井浜東急ホテル(オンライン併用開催)
テーマ:2030年CO2半減の道
<1日目>講演:
1.「SDGs未来都市構想−経済・社会・環境の統合的取組による持続可能なまちづくり−」
東京大学名誉教授 / 建築環境・省エネルギー機構理事長 村上周三
2.「全球のCO2収支-グローバルカーボンプロジェクトの研究成果より」
国立環境研究所 地球システム領域 地球環境データ統合解析推進室室長 グローバルカーボンプロジェクトつくば国際オフィス代表 白井知子
3.「 SDGsのための資源・材料の循環使用検討 」
早稲田大学 理工学術院創造理工学部 教授 所千春
4.「北上スタイル・あじさい都市の未来の暮らし」
岩手県北上市 市長 髙橋俊彦
5.「経団連の気候変動対策、2050年カーボンニュートラルに向けた取り組み」
日本経済団体連合会 環境エネルギー本部長 長谷川雅巳
6.「2050年カーボンニュートラル実現に向けたイノベーション」
地球環境産業技術研究機構 理事長・研究所長 山地憲治
7.「Circular Economyに向けた設計の実現方法 – 欧州企業との共同研究事例を基に」
スウェーデン・リンシェッピン大学 坂尾知彦
<2日目>講演:
1.「気候非常事態宣言からカーボンニュートラルへ」
東京大学名誉教授/SPEED研究会名誉会長 山本良一
2.「脱炭素に向けた国内外の自治体の動向-これからの都市経営の方向性とは 」
イクレイ日本 事務局長 内田東吾
3.「投資家はスコープ3・ネットゼロをどう評価するのか 」
PRI Climate Action 100+ マネージャー 野水彩子
4.「パナソニックの環境取り組み」
パナソニック㈱ 品質・環境本部 
環境経営推進部 環境渉外室 ユニットリーダ 米川和雄
5.「Daigasグループにおける環境への取組み」
大阪ガス㈱ 企画部ESG推進室 室長 楠井祐子
6.「気候変動をめぐる国際動向:気候リーダーズサミット/G7からCOP26に向けて」
地球環境戦略研究機関 気候変動とエネルギー領域 ディレクター 田村堅太郎
7.「中国のエネルギー・気候変動政策とアジアのエネルギー構造転換への影響」
京都大学 地球環境学堂 准教授 森晶寿
8.「生物多様性の国際動向と企業の対策について」
環境省 自然環境局自然環境計画課 生物多様性主流化室長 河村玲央
9.「生物多様性と気候変動のコベネフィットを考える」
㈱レスポンスアビリティ代表 足立直樹
10.「『カーボンニュートラル』の取組みについて」
アサヒグループホールディングス㈱ 日本統括本部 事業企画部 シニアマネージャー 近藤太郎
11.「住友化学のカーボンニュートラルへの取組み」
住友化学㈱ レスポンシブルケア部 主席部員 林真弓
12.「2030年CO2排出量半減に向けたインベントリデータベースの活用と展望」
産業総合技術研究所 エネルギー・環境領域 安全科学研究部門 IDEAラボ長
田原聖隆
13.「米国バイデン政権の気候変動政策」
日本貿易振興機構 海外調査部米州課 課長 中溝丘
14.「脱炭素に係るイノベーション政策の動向」
東京大学 教養学部附属教養教育高度化機構 環境エネルギー科学特別部門 客員准教授 松本真由美
<3日目>講演:
1.「軍事・安全保障から見た地球環境問題」
防衛省防衛研究所 特別研究官 小野圭司
2.「TCFDに関係する国内外の最新動向」
三菱商事㈱ サステナビリティ・CSR部推進部長 藤村武宏
3.「欧州グリーンディールのインパクト」
東洋大学 国際学部 教授 市川顕
4.「C4Sプロジェクトによる新しい建設社会へ向けた取り組み」
東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 建築材料研究室 教授 丸山一平
5.「気候変動による被害はいくらか‐炭素社会費用SCCの算定研究‐」
SPEED研究会会長/東京都市大学教授 伊坪徳宏

■第3回研究会
日時:2021年9月3日(金) 14:00~18:00  場所:オンラインにて
講演:
1.「企業のSDGs取り組みの現状と課題 」
地球環境戦略研究機関 サステナビリティ統合リサーチセンター リサーチマネージャー 小野田真二
2.「カーボンニュートラルを巡る動向と地球温暖化対策計画の改定案」
経済産業省 産業技術環境局 環境経済室 企画官 内野泰明
3.「IPCC第1作業部会 第6次評価報告書の要点 」
国立環境研究所 地球システム領域/副領域長 江守正多

■第4回研究会
日時:2021年10月1日(金) 13:00~17:40  場所:オンラインにて
講演:
1.「二国間クレジット制度(JCM)に関する最近の動向 」
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 地球環境部 主任研究員 山口和子
2.「国境炭素調整の最新動向整理 -協調か対立か?」
日本エネルギー経済研究所 環境ユニット 研究主幹 柳美樹
3.「人類の窒素利用と環境影響との関係 」
農業・食品産業技術総合研究機構 林健太郎
4.「国内外におけるブロックチェーンの導入と環境分野への展開」
KPMG Ignition TokyoDX ソリューション2ディビジョン統括  中林真太郎

■第5回研究会
日時:2021年11月5日(金) 13:00~17:40
場所:アルカディア市ヶ谷「白根」・オンライン併用にて
講演:
1.「サーキュラーエコノミーの現状と展望 」
アクセンチュア㈱ ビジネスコンサルティング本部 ストラテジーグループ
公共サービス・医療健康プラクティス日本統括兼サステナビリティプラクティス日本統括マネジング・ディレクター  海老原城一 
2.「東京2020大会の気候変動に関する取組について 」
(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
総務局持続可能性部 持続可能性計画チームディレクター  牧野佐和子
3.「シェルの『脱炭素』裁判 気候変動を人権侵害とした衝撃-人権・環境デューディリジェンス重視の世界潮流と影-」
真和総合法律事務所弁護士 高橋大祐
4.「エネルギー基本計画について」
経済産業省資源エネルギー庁 長官官房総務課戦略企画室室長補佐  大田悠平

■SPEED研究会 エコプロ2021併設 特別セミナー
「脱炭素技術のメガトレンド -国内外における気候変動対策の最新動向と今後の展望- 」
主催:SPEED研究会
後援:日本環境協会、グリーン購入ネットワーク、産業環境管理協会、サステナブル経営推進機構
日時:2021年12月9日(木) 10:00~16:30
開催方法:東京ビックサイト会議棟102会議室・オンライン併用
講演及びディスカッション:
1.「持続可能な社会の実現に向けた培養肉研究最前線」
東京大学大学院情報理工学系研究科 教授/東京大学生産技術バイオハイブリッドシステム研究室 教授 竹内昌治 
2.「 膜分離によるネガティブエミッションの可能性 」
九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 マルチスケール構造科学
ユニット / ネガティブエミッションテクノロジー研究センター 教授 藤川茂紀
3.「環境規制強化が日本の自動車産業に変革を迫る」
㈱日本電動化研究所 代表取締役 和田憲一郎

■第2回幹事会
日時:2022年2月8日(火)10:30~12:00 場所:オンラインにて

■SPEED研究会2021 特別セミナー
「脱炭素・ESG・サーキュラーエコノミーの展望 」
日時:2022年3月29日(火) 11:00~16:30
開催方法:オンラインZoomにて
講演及びディスカッション:
1.「国内外における脱炭素政策の現状と今後の展望(仮題)」
東京大学 教授 高村ゆかり 
2.「欧州サーキュラーエコノミー政策の現状と今後の展望(仮題)」
東京大学 教授 梅田靖
3.「サステナビリティ情報開示の最新動向と今後の展望(仮題)」
MS&SDインターリスク総研株式会社 上席研究員 寺崎康介

PAGE TOP